千と千尋 都市伝説

「千と千尋の神隠し」には、ふたつの都市伝説があります。
その1、千と千尋の神隠しは北朝鮮の拉致事件をモチーフにしている。ということ。話の内容が、ある日突然、違う世界に拉致され、名前を変えさせられ低賃金で重労働させられる話だから。北朝鮮の拉致問題が裏のテーマだと。そういう伝説があります。
その2、都市伝説ではなく、たぶん、実際の話らしいのですが、宮崎監督によると、この映画には日本の性社会への問題提起も含んでいるらしいと。つまり、湯女とは温泉街などにおいての売春女のことを指す言葉であると。映画全体では、神々の世界に迷い込んだ少女の千尋が、自分でも気づかなかった、逞しい力を発揮して困難を乗り越えていこうとする姿を描いた感動ファンタジー映画なのですが。少女の成長物語。魔女の宅急便とか、耳をすませば。とかですね。
でも、千と千尋には、都市伝説があるのですね。10歳の少女・千尋は、千と名乗って・・・みたいに、ちょっと一筋縄ではいかない世界観があるからでしょうか。

千と千尋 モデル

「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われている土地や建物を、いくつかご紹介しましょう。
油屋や不思議な町のモデルになったのは、「江戸東京たてもの園」、千尋たち家族が引っ越してきた町を描くのにスタッフがロケハンに行かれた「コモアしおつ」、そしてもうひとつの油屋のモデルと言われている「道後温泉」。
また、都電7500形は、外観の色は違うけれど、内装は千尋たちが乗った電車に似ています。また、油屋は、宮崎駿監督のの実家・親戚筋で神奈川県秦野市の鶴巻温泉の陣屋(女将は宮崎の従姉妹にあたり、旅館内の庭園にはトトロのモデルなった大楠を有する)道後温泉本館や渋温泉金具屋、湯原温泉油屋、の建物を、参考に描かれているらしいです。
油屋の名前は、出雲国安来湊にあった油屋宗右衛門の屋敷らしい。また、一部では兵庫県高砂市高砂町に現存する歴史的雰囲気を濃厚に残し、今なお薪で焚く銭湯梅ヶ枝湯も作品に登場する湯屋によく似ているとして話題を集めています。
さらに、町並みや建物などの全体的な雰囲気は、台湾の九?をモチーフにしたといわれていて、日本で出版されている台湾旅行ガイドブックなどで『千と千尋の神隠しのモデルの街』として広く紹介されているため、本作品を観て九?を訪れるファンも多いらしいです。映画の食堂で、千尋の両親が食べた料理にも台湾料理の影響を感じるので、参考にはしていると思われますね。

千と千尋の神隠し 都市伝説

宮崎駿監督作品のアニメーション映画、「千と千尋の神隠し」には、ふたつの都市伝説があります。
そのひとつは、千と千尋の神隠しは北朝鮮の拉致事件を、モチーフにしている。ということ。話の内容が、ある日突然、少女が違う世界に拉致され、名前を変えさせられ低賃金で重労働させられる話だから。
北朝鮮の拉致問題が裏のテーマだと。そういう伝説があります。もうひとつは、都市伝説ではなく、たぶん、実際の話らしいのですが、この「千と千尋の神隠し」の映画には日本の性社会への問題提起も含んでいるらしいと。
つまり、湯女とは温泉街などにおいての売春女のことを指す言葉であり、映画全体では、 神々の世界に迷い込んだ少女の千尋が、自分でも気づかなかった、逞しい力を発揮して困難を乗り越えていこうとする姿を描いた感動ファンタジー映画なのですが、一方では、女性の性労働問題をどのように考えるか?というテーマがあるらしいと。
ジブリ作品には、都市伝説が多いですが、それは物語が深いからでしょうね。

スポンサードリンク